室内に観葉植物を置いて快適な空間にしよう!東京でおすすめのレンタル業者をおすすめ形式で紹介しています。

観葉植物レンタルなら管理もおまかせ!

公開日:2021/01/01  最終更新日:2021/01/04

東京には観葉植物を取り扱っている店が多数あります。植物は癒しを与えてくれる存在で、オフィスや病院に置かれているだけでなんとなく居心地のよさを感じるでしょう。しかし、管理が大変そうだからとためらう人もいるかもしれませんが、レンタルであればそのような心配がいりません。ここでは観葉植物レンタルについて説明します。

観葉植物レンタルはどのような仕組みなのか

観葉植物レンタルは店舗や施設に合う観葉植物を自分で選んで買取るのではなく、専門の業者から借りる仕組みのことです。取扱業者によって多少違いはありますが、水やりや栄養補給、葉の剪定作業といった手間のかかる管理は必要ありません。いつも活き活きとした植物を眺めることができるのです。

もし、元気がない、枯れてしまったという場合でも取り替えてくれますし、季節にあった植物を楽しむこともできるため、日常生活が明るくなるでしょう。何を選べばよいのかわからなくても専門家がアドバイスしてくれますし、植物の種類や大きさもバリエーションがそろっているので、自分のイメージ通りに空間をコーディネートすることが可能です。

観葉植物レンタルというとオフィスや店舗、クリニックなどのような施設をイメージしがちですが、東京の業者の中には個人宅向けのサービスを展開しているところもあります。家の中に緑が欲しいけれど手入れが苦手、マンションなので緑が欲しい、そういった要望にも気軽に応えてくれるのでうれしいですね。

利用方法は簡単で、まず取扱業者を選ぶことから始めましょう。東京には多数の業者がいるので、ホームページや電話などで規模やプランの種類などを確認してから決めます。次は業者に連絡を取り、予算や観葉植物を置きたいスペース、イメージなどを伝えます。自分でよくわからなくても、スタッフが実際に訪問して空間を確認し、雰囲気や広さに応じて相応しい植物や置き場所をアドバイスしてくれるので安心です。後は打ち合わせ内容に応じた見積もりが出てくるので満足できれば契約成立で、観葉植物レンタルの開始となります。支払は月額料金払いが一般的のようです。

観葉植物レンタルのメリットとデメリット

観葉植物レンタルのメリットはなんといっても植物の管理をする必要がないことです。植物を置きたいけど枯らしてしまった経験がある、水やりの分量がよくわからないといった人もいるのではないでしょうか。購入したときは活き活きしていたのに元気がなくなった、枯れてしまった、そのような植物は見ているだけで気分が落ち込むでしょう。

しかし、観葉植物レンタルであればそういった心配が必要ないのです。水やり、害虫駆除や置き場の変更など細かな管理はすべて専門家がやってくれます。もし枯れてしまった場合でもすぐに取り替えてくれますし、新しい植物の搬入や枯れた植物の搬出作業も行ってくれるようです。

また東京の無機質になりがちなオフィスや店舗を、観葉植物レンタルでくつろげる空間にコーディネートできることもうれしい点といえるでしょう。パーティションとして置きたいけれど、大きさや種類がわからないなどの場合も専門家が豊かな経験と知識から、センスのよい観葉植物の種類と配置を提案してくれます。

デメリットは購入するより費用がかかる点です。購入であれば大きな出費は初期費用だけですが、レンタルを利用すると毎月の管理費用がかかります。しかし自分で購入したけれど枯らしてしまい、再度購入することになったことを繰り返すようであれば、レンタルしたほうがお得といえます。決めるときは植物のサイズや種類によってレンタル料が違うため、複数社を比較した方がよいでしょう。予算を優先して決めることもできるため、料金の違いがどこにあるのかを検討します。

観葉植物レンタルはいろいろな利用方法がある

観葉植物レンタルはインテリアとしてだけでなく、空間全体を有効にコーディネートするための手段にも利用できます。一般的には鉢植えの植物を利用する方法で、小さな空間であれば小型の鉢植えを卓上に置くことでリラックス効果が期待できるでしょう。オフィスやマンションのエントランスであれば、コーナーに置くことで先鋭的になりがちな雰囲気を和らげる効果があり、パーティションや目隠し代わりに利用できます。

しかし視線を自然にかわしたい、空間の柔らかな雰囲気を活かしたいときは、葉数が多く背の高い植物を置くことで実現できます。ただし、大きな観葉植物はメンテナンスや移動に手間がかかるので、やはり観葉植物レンタルの方が便利といえるでしょう。癒やしやエコが社会のテーマとして取り上げられている現代では、グリーンパネルや壁面緑化としても利用できます

フェイクグリーンを使えば年中枯れることがなく手入れの必要もなく便利ですが、生きた植物とフェイクグリーンではやはり雰囲気や質感が違います。費用はかかりますが企業のCRS活動が提唱される社会にあって、生きた植物を利用した自然環境の演出は企業のよい宣伝にもなるでしょう。

 

観葉植物レンタルは管理をする必要がなく、空間演出にも効果が期待できます。東京には多数の観葉植物レンタル業者があるので、相談してみましょう。無機質になりがちな空間を心地よいと感じられるよう演出してみるのもよさそうです。

おすすめの観葉植物レンタル業者

商品画像1
2
3
4
5
商品名ユニバーサル園芸社BOTANESSグリーンポケット花門フラワーゲート日比谷花壇
特徴空間設計から造園づくりまで対応、豊かな感性と確かな技術が魅力植物と触れ合い、育てる楽しみが体験できる設置環境に合った樹木や鉢を提案自社農場で観葉植物が見られるパラリンアートデザインの観葉植物レンタルプランがある
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索